雨漏り応急処置

いつもお世話にになりありがとうございます。

本日は雨漏りの応急処置について。

雨漏りはある日突然起こります。雨漏りの起こる日は必ず雨が降っています。雨の日に漏水補修の工事はできません。そのため雨が止むまでの間は内装材が濡れたり電気が漏電したり家財が濡れたりと色々なことが起こります。

そのため弊社では雨が止むまでの間シート等で養生をし、後日漏水原因の調査、お見積り、工事ということも可能です。

雨漏りのする天窓
シート養生完了

雨漏りの際には株式会社G-BASEを御用命くださいますようお願い申し上げます。

雨漏り調査

本日は雨漏りの調査に来ました。

屋根の上のエアコンの配管が建物内に入るハト小屋付近から雨漏りがするそうです。早速屋根に上がり調査してみましょう。

折板屋根でした。板金屋根はあまり得意ではないのですが。このあたりから漏れるようですが特に不具合があるようには見えません。鳩小屋の下を覗いてみます。

鳩小屋の下を水が流れていくようになっているようです。隣の谷を見てみましょう。

???

向こうが見えません。何かが詰まっているようです。棒で押してみましょう。

ゴミがたくさん出てきました。ゴミが詰まる原因は新築当時の板金の切ったゴミのようです。当時の職人さんが片付けをせず見えないところに隠したのではないかと思われます。大量のごみにより水が流れず折板の谷をオーバーフローして山上のエアコン配管取込口から雨漏りしていたようです。

すべてきれいに清掃して作業完了です。

以後雨漏りしないことをお祈りします。

また見えないところにゴミを隠すような職人さんにならないように弊社の職人さんへの指導も徹底しようと思った一日でした。